自宅でできる副鼻腔炎改善法
99%の人が副鼻腔炎を改善した方法!はじめるなら今です!
副鼻腔炎

副鼻腔炎(ふくびくうえん) 歯・歯痛について

頬の上にある顔の空洞を上顎骨(じょうがくこつ)と言います。この骨は、副鼻腔を作る骨のひとつです。上顎骨は、上の歯茎を支える骨です。このため、上の歯が虫歯になったり、炎症を起こしてしまうと、副鼻腔にまでその炎症が広がり、副鼻腔炎を起こしてしまいます。この歯の痛みが副鼻腔炎と結びつかず、歯科に駆け込んで治療をうけたものの、痛みが一向にひかないということがあります。
その場合には、一度耳鼻咽喉科を受診してみましょう。
>>病院にいかずに副鼻腔炎を治す方法があります!こちらをクリック⇒

きちんと症状を説明すれば、医師によっては歯科医院であっても副鼻腔炎を疑って頬部のレントゲンを撮って診断を行ったり、耳鼻咽喉科への受診を勧めてくれます。まずは、自分の症状をしっかり説明できるようにしておきましょう。

もちろん、はじめから耳鼻咽喉科を受診しても、虫歯が進行して炎症が広がり、副鼻腔炎になった場合には、きちんと歯の治療も行わないと、再び副鼻腔炎を起こす可能性があります。また、親不知を抜歯したあとに、口腔と副鼻腔がつながることがあり、しばらくしてもこれがふさがらなかった場合には炎症を起こす可能性がありますので、手術が必要になります。抜歯後に我慢できない痛みが続いたり、鼻血が出やすくなった場合には、もう一度歯科を受診して診てもらいましょう。
>>病院にいかずに副鼻腔炎を治す方法があります!こちらをクリック⇒

自宅でできる副鼻腔炎改善法
99%の人が副鼻腔炎を改善した方法!はじめるなら今です!
副鼻腔炎